玄関・・・鉄平石と洗い出し

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

左官さんの工事もだんだん形が、出来てきました。

玄関は、お客さんが一番初めに入ってくる場所、

亡くなった親父によく言われました。

玄関を見れば、その家を作った大工の技量がわかると・・・

この言葉は、今でも耳に残っています。

自分の今出きる事を、頑張ってやろうと思っています。

玄関の土間もそんな思いからです。

真ん中にあるのは普段お目にかかれない鉄平石です。

周りは洗い出しと言って、2~4cmくらいの玉砂利を埋めこんで、

表面を洗ったものです。

 

玄関の外も同じ洗い出しで仕上げました仕上げました.

 

 立ち上がりの部分は、土間より少し小さめの石で、同じ洗い出しに仕上げました。

東側は階段で、西側はスロープでとお客さんのご要望です。

このお宅もだんだんと出来上がって来て、

11月11~12日に完成内覧会を開催する予定となりました。

日本家屋が住みやすく、身体にもいい事など、お客様ご自身で体感して頂きたいと思います。

時間などの詳細は後日、アップさせて頂きたいと思います。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

    Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です