凄く残念!

今日はちょっと残念なご報告です。

棟梁の出しているユウチューブにコメントが入ってきています。

今までは、いろんな人がいるので…と持っていましたが、

この動画、5年前に棟梁が造った家に屋根土を乗せました時の物を、

投稿した物です。

ある方から「いまどき土葺き」と

正直、家を一軒建てれる棟梁なら誰しも、いろんな拘り、

本物を造る、「プライドもポリシー」もって個人のお客さんに

棟梁の持っている、知識、見識、経験を生かして家造りに真剣に取り組んでいると思います。

今、はやりの事しかやった事のたとえで言われるなら、申し訳ないですが黙っててほしいです。

土葺きの何がいけないんでしょうか?

53坪のお宅で、6寸の通し柱、尺一寸のケヤキの大黒柱、8寸の女大黒(定柱)

一階の柱は3分の2が5寸の管柱、7~8寸X4~5寸の差し鴨居、

2階は4寸で間仕切り以外は3尺間に、野物は、地松で、中桁5間半で末口尺の矢ずり、梁は3間半で末口8~9寸矢ずり

前桟5間半で末口7寸矢ずり、裏目で2間半の末口7~8寸の隅梁の矢ずり、

2重、3重桟、天秤に至るまで、地松、母屋は桧の4寸、

タルキは2寸5分角の桧の芯付き本桁米松の5寸x尺一寸一本もの、

本桁タルキ止めは7寸釘、母屋は6寸釘こんな細工をしてあります。

自信をもってこの家、屋根土を乗せてもビクともしません!!

当然、壁はオール土壁デス。

お客さんのご希望を叶えた家で、棟梁は今でもこんな家を造りたいと思っています。

製品市場へ行っても、いまだに桧の皮の注文があるそうです。

棟梁のやっている事、自信をもってやっているので、

なぜ、気に入らない事があっても、こんなバカがいるじゃんと流せなかったんでしょうか???

 

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

    Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です