台所改修工事

月曜日からお待ちいただいていた、

台所の改修工事に入りました。

台風の修理を先行させて頂いたため、

お待ちいただきありがとうございました。

12月の第3週の完成めざして頑張ります。

築30年のお宅です。

1年半前にお風呂の改修工事をさせて頂きました。

とにかく解体です!!

30年経つといろんな所に不具合が出ます。

天井の板をはがして壁を撤去して、、天井下地を取ります。

月曜日、火曜日と解体をして、今日は電気屋さんの配線のために、加工しています。

棟梁、明日は名古屋で会議・・・

若い衆に天井から貼って行ってもらいます。

気軽に相談してくださいね。

お客さんにここに柱があるから、大きな開口が取れませんを言っていて、

壁を取ったらやはり「通し柱」が出てきました。

お客さんもビックリでしたが、棟梁は分かっていました。

自分の建てた家でもありませんが、構造の事はなんとなく分かります。

ここが、世間の方との違いでしょうね!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です