研修会にて、諏訪大社上社へ

日曜日、月曜日と愛知県連の理事研修で、

諏訪大社上社へ見学に初めて見学させて頂きました。

7年に一度の御柱の大祭後の4隅に建てられた御柱見てきました。

1番と2番は間近で見る事が出来ましたが、3番と4番は境内奥に立っていたので、

目視は出来ましたが、スマホのカメラでは限界を感じました。

まずは1之御柱

移動途中で大太鼓目視で直径2.5m近くかくあったと思います。

 

 

二之御柱

 

 

 

三之御柱・・・看板の奥の方のつるつるの木です。

門をくぐって

 

 

四之御柱

 

一つ・・・勉強になった事。

諏訪大社では、神様を敬う方角が決まりのない事!

一般的には南から入って、北に向かってお参りするのが一般的ですが。

神様が鎮座した方角に向かってお参りするので、方角は関係ないそうです(宮司さんより)

この写真、入口の鳥居なんですが、北から南に向かって入って行きます。

これもまた、いい勉強をさせて頂きました。

日々勉強、日々努力です!!

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です