手間暇かけてこそ良い物が出来る!

銘木材・・・と言われるものは、

「銘木」か「だ木」と言われます。

そうなんです、生かすもダメにするのも腕次第・・・という事になります。

しかし、それには色々と、暇がかかるんです。

製材から( ^ω^)・・・

家に帰って来てから、タオルを水で濡らして2時間ほどそのままで・・・

このように、表面にボンドが塗ってあるので、少しづつ剥がして行きます。

ここまで来るのに、3時間かかっていますが、
今日は早く、取れています。

細かくしわになっている所も、ボンドが入っているので、釘を使って取っています。

これが「敷台」

下駄箱の天板

平成も終わろうとしていますが、平成14年と12年の時に製材した木です。

もちろん、乾燥材ですよ!!

                 棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

    Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です