自然には逆らえなかったという事を教えて頂きました。

自然には逆らえなかったという事を教えて頂きました。

先日、購入した丸太を野物用に製材して皮を剥いたら、

白太の部分に虫がすでに入っていて、急遽製材をし直して、

違うのもに製材し直しました。

こんな風に白太にピンホールと言われている虫が入り込んでしまいました。

赤身の部分には入らないのが特徴です。

この穴の開いている所全部が虫の穴です。

赤身の部分だけにして、二階梁に引き直してもらいました。

教訓・・・

この時期の丸太は買わない事。

山にきっておいてあるのをもらったんですが、4月までに引き取って製材しない

とこのように虫が入ってしまう。

昔から、5月の木はきをつけろ・・・と親父に言われていましたが、

まさか、伐った木に入るとは思ってもみませんでした。

以後気を付けます。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

    Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です