入文のお不動様

ご縁があり、地元、西郷校区の「入文のお不動様」の

お仕事をさせて頂いています。

少し、山に入った所にあるお社に続く道の改修なんですが、

ちょっと大変です。

下から見ると岩で降りてくるのに大変です。

ここに階段を造りたいとの「ご依頼工事です」

左側の山をだいぶ削って型板がまっすぐになるようにしました。

型板を入れ終わるとこんな感じになります。

さて、ここからが大変で、コンクリートを打ち込むための道路を整備します。

総代さんにお願いして許可を取り道なき道を作りながら、

足場を掛けました。

反対側から・・・

これで何とかなるかな・・・

これだけ組むのに、3人で1日掛かりましたが、出来る事が分かったのが、

今日の一番収穫です。

足場主任の資格持ってて良かった!

                 棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    日本家屋・木造住宅の大工の棟梁が「日本家屋・木造住宅」を通じ、「家づくりのへ思い」や「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」「耐震性」「赤ちゃんを基本とした家づくり」シックハウス症候群、ハウスダストなどの心配のない「アレルギー対策」などに対応した100年住める家をご提案。一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。

    Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です