建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

間取りはあなたが決めてください

匠が物申す vol.12
  • 新築

自分の家の間取りは自分で考えてください

【ながら加藤建築】間取りは自由設計

決して無責任に投げている訳ではありません

大工だから設計はしないと思わないでくださいね。一般的な方は設計士や建築士でなければ、間取りを決められない、そして

「設計図が読めない」「図面が引けない」

から、設計なんてできないと思っておられませんか?

ながら・加藤建築では、棟梁である僕自身がCADを使って図面を引いています。ご説明している「光と風が入るの設計図」も、もちろん僕が描いたものです。

【ながら加藤建築】間取りは自由設計

お話をお聞きして書くこともできますが、それだけじゃなく、実は施主さんご自身が間取りの作成に参加できるということを、ご存じでしょうか。

 

無料で使える「間取り作成ソフト」で自由に!

最近は、無料で使える「間取り作成ソフト」が?たくさんありますので、僕のオススメのソフトをダウンロードしていただいています。そして、まず、外枠だけ僕が描いて、施主様に、どんどんレイアウトしていただいています。

これが「すごく楽しい!」と評判で、
自分のアイデアが、どこまで活かされるのか?
ドキドキわくわくするそうですよ!


設計のイメージ

【ながら加藤建築】間取りは自由設計

時間のかかる作業ですが、実は住まう方の
気持ちを一番感じられることなのです。


 

施主様がレイアウトしたものを、メールに添付して送っていただき、僕が棟梁の目でチェックして、フィードバックします。そうやってやり取りしながら、最終的な設計図ができあがります。実際のやり取りを、少しだけお見せします。これがその設計図です。

【ながら加藤建築】間取りは自由設計

お客様からのFAXと、それに基づいて設計した僕が描いた設計図です。できそうな気がしてきましたか?ね、やってみたくありませんか?

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。