建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

いっぽんもん~継ぎ目のない、一本の材料~

匠が物申す vol.14
  • 木の話

「いっぽんもん」という言葉をご存知ですか?

継ぎ目のない、一本の材料のことです。

【ながら加藤建築】三河の空っ風が育てる「いっぽんもん」

僕らのいる東三河地域の大工は、この「いっぽんもん」と言われる6m以上もの長い材料を使い、日本家屋を建てます。

木材屋さんから買ってきて、3年以上をかけてゆっくりしっかり時間をかけて乾かした材木はそれだけ長くても割れや歪みが少ないのです。

うちで寝てる子(乾かしている材木)なら
それが、確実に保証できる。 

だから、うちでしっかり寝かせて、癖や状態を見るんです。実は地域によっては4mより長い材木は使わないと聞きます。

ながら・加藤建築のある東三河地域は、山の多い土地で地松が豊富で、そこら中にいっぱいあったので昔は、長い木を使っていたんですね。

 

いっぽんもんの木は折れにくい

三河の空っ風で鍛えられた「いっぽんもん」が
三河に合った日本家屋を作ります

【ながら加藤建築】三河の空っ風が育てる「いっぽんもん」

繋いでしまうと、どうしても歪みに負担がかかります。その歪みをなるべく大きくしないようにと継ぎ手を細工する技術が発展してきたわけなのですがいっぽんものだと、継ぎ手を作る必要さえなくて、一番丈夫なわけです。

三河の空っ風は違うでな。
いっぽんでやると丈夫くなるでよ

と、東三河では、いっぽんもんにこだわってきました。

【ながら加藤建築】三河の空っ風が育てる「いっぽんもん」

太平洋と伊勢湾に囲まれた渥美半島を含むこの三河の土地には、年中、強い風が吹いているんですね。

 

日本国内でも土地によって家の特徴も建て方も違います

地震や台風の歴史にも関係あります。 例えば、雪の深い石川県では、太平洋側の家に比べて、軒が深くなっている。

土地によって家の特徴も建て方も違うんですねぇ。常に土地の気候や、歴史と、建築は関係しています。

【ながら加藤建築】三河の空っ風が育てる「いっぽんもん」

川縁には材木問屋があるし、大きなお城のあるところには、建築に関わる職人が多い。このあたりの話も調べ出すとキリがないのですが自分の土地について勉強すると面白いと思いますよ。

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。