建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

水回りのトラブル【家のメンテナンス】1

匠が物申す vol.34
  • メンテナンス
  • 床の話

湿気に対する日本家屋の基本とは

【ながら・加藤建築】水回りのメンテナンス

昔の家は、どうなっていたかご存じでしょうか。過去の記事「快適は不健康?【日本家屋はエコで健康 その2】」でも紹介していますが、まずは「キッチン」…そうです、かまどなどのある土間だったんですよね。そしていわゆる離れにあったのが「お風呂」「洗面所」「トイレ」などの水回りを外に持っていくことで家を守っていたんですね。昔の田舎の家に行くと「なんて不便な造りの家だろう?」と思われた経験があると思います。実はこんな理由があったのですね。

しかし、現在になり「土地の広さ」の関係や「便利を優先」するために、水回りを家のなかに持ってきてしまったわけです。便利になっていったひとつの要因は、水道という文明の利器の発達も関係していますよね。

水道は人々の生活を変えてきました。蛇口をひねれば、どこでも水が出る。でも、水を流すということは、必ず排水がある。そこに湿気が溜まるものなんです。

【ながら・加藤建築】水回りのメンテナンス

 

タイル貼りの浴室は要注意

昔のお風呂場の場合、普通の湯船とタイル張りの壁であることが多かった。そのタイルの目地のところから湿気が外に出ているものです。壁に亀裂が少し入っていたら、湿気によって、割れてきているということです。水が目地から壁のなかに入って、床に流れているんです。壁や床下がその湿気により浸食されていきます。

【ながら・加藤建築】水回りのメンテナンス

まずこれが昔の水回りトラブルの代表でした。

そこにさらなるトラブル、「シロアリ」が湿気に寄ってくるんですね。

湿気を溜めないようにするには、換気するしかありません。一昔前に建てられた家は、床が少し低めなので、湿気が多いと、基礎もしくは土間に溜まった湿気が上がってきて、洗面所の床がプカプカと柔らかくなってくるんですね。水回りのトラブルは昔の家には多く見られましたが現在は「ユニットバス」の登場で随分と減っています。
最近のユニットバスは、二重パン構造になっていて、床に水が落ちないようになっているので、僕も構造的に優れているそういったユニットバスを使っています。

水回りについては、ユニットバスをお使いでない場合は、

少しでも「おかしいかな?」と思った時点で
業者さんに見に来てもらうことです。

被害が少なくて済みます。でも、散々使った挙げ句の果てに修理すると、洗面台もお風呂も変えないと……ということになります。そうなると何百万円というリフォームになってしまうんですね。

 

【ながら・加藤建築】水回りのメンテナンス

虫歯と同じで放っておくと、ひどくなるんです。

【メンテナンスの特集コンテンツに戻る】

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。