建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

トラブル!雨漏りの対処法【家のメンテナンス】3

匠が物申す vol.36
  • リフォーム
  • メンテナンス

雨漏りはいつでも起こる可能性があります

家を建てる大工でも天候、特に雨風の予測は付けづらいもの。経年による屋根や外壁の劣化もあります、もちろん、ながら・加藤建築ではそのあたりも見越して万全の工事はしてあります。

【ながら・加藤建築】雨漏り

それでも近所に変化があれば風の吹き方が変わり、今までなかったはずの風が出ることもないとは言えません。つまり、完全に雨漏りをしないのが当たり前ではなく雨漏りは常にあり得ることなのです。

【ながら・加藤建築】雨漏り

ここ何年かの集中豪雨のように予想できない変化もあります。

 

外見からは原因を特定しにくいのが雨漏り

【ながら・加藤建築】雨漏り
各地で豪雨被害が出るなど日本だけでなく地球全体が異常気象といっても過言ではありません。それでも起きた雨漏りを対処しないわけにはいきません。雨漏りの元をたどり、予測をつけて対処していくしかないというのが雨漏りの対処法になります。予測が外れたら次のルート…という具合に次々と可能性をつぶしていくのです。しかし、実際に雨漏りを起こした雨風が吹くという事もこれもまた「稀」なことでもあります。

 

どちらにしても原因のあることなのでいずれは収束していきます。もちろん、ながら・加藤建築で手掛けさせていただいたお宅ならアフターフォローとして対応いたします。

【メンテナンスの特集コンテンツに戻る】

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。