建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

墨をつける

匠が物申す vol.3
  • 大工道具の話
  • 木の話

【ながら加藤建築】墨壷の話

一人前の墨が打てるのは3~4年!

3mmの誤差で噛み合なくなる!
材木に墨をつける墨壷の話

Q.墨壷とは何をする道具でしょう?

A.材木に印をつけるための、道具で「墨壷(すみつぼ)」と言います。大工にとって欠かせない道具のひとつです。

手刻みといって材木を組むときに、基準となる場所に印をつけるためのものです。手刻みの作業については、また詳しく説明しますが、今回は、この墨壷のことをお話ししましょう。

紙に線を引く場合は、普通は定規を使いますよね。材木に線を引くのに、この墨壷を使うのです。主にセンターラインに墨を付けます。水平の目安にもしています。

 

墨が打ちたいなら、木の隅壺買ってこい

【ながら加藤建築】墨壷の話

墨のついた糸をパチンとはじくことで、一発で線を付けることができます。この作業を、「墨を打つ」とか、「墨を付ける」と言うのです。まともな墨を打てるようになるまで、3~4年ぐらいかかります。親方から手取り足取り教えてもらうのではなく、兄弟子や親方の姿を見て、横からその技を盗むんですね(笑)。最初のうちは、もちろん現場でいきなりはできませんので、親方のいないところで、練習を重ねます。僕も、こっそり親方のいないところで練習しましたね。親方も、実はこっそりそういう様子を見ていて「墨が打ちたいなら、木の隅壺買ってこい」と言われます。

 

今は、プラスチック製の墨壷もありますが、墨壷は、その土地にある材木で作られてきたようです。僕は、道具屋さんで買うのですが、欅(けやき)の4~5万円する(坪辰さんという職人さんの少し縁起物の彫刻が入った。)墨壷を使っています。気に入っている墨壷なのでストックしています。

糸はナイロン製で、0.38mmを使っています。0.5mmでも太すぎます。

その糸で1mmもずれないように墨を打ちます。

社寺建築でも、これができないと建てることができません。

材木を見ながら、「この子は曲がっているから、こっちに。この子はこっちに持ってってあげよう」と番付けしていって、墨付けをしていきます。

昔に比べると材木の曲がりは少ないほうなんですが曲がっている子も、まっすぐな子も、いろいろ使いますのでそのすべてを、どこに入れてやればいいのかどの向きに入れてやればいいのか算段しながら組んでいきます。

それは、僕らの経験と知識によるものなんですね。

墨壷職人さんが減ってきてしまっていて今は、確か全国に数名しかいらっしゃいません。
僕ら大工が減り、手刻みが減り、プラスチック製品が増え道具職人さんが、減っていかれる。
日本の財産だと思うんですけどね。とても残念なことです。

 

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。