建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

呼吸する床

匠が物申す vol.15
  • 家と健康
  • 床の話

【ながら加藤建築】呼吸する床

世間ではとにかく省エネが先行して「寒さ」と「湿気」を避けるための高機密、高断熱の住宅が求められています。

明るい家庭は明るい住まいから」のコンテンツでもお伝えしましたが、昔は田んぼの田の字といってふすま続きのたくさんの和室がありました。このふすまを取り外すとすべての部屋がひとつになるように建てられていました。そして、時に応じてふすまを開け放すことですべての部屋に季節の風が通り抜けるようになっていたのですね。

そして、その部屋の畳の下には土が見えていました。床下の換気も良かったのです。

 

建築の安全基準と大工の考えの違い

【ながら加藤建築】呼吸する床

ところが、今の建築基準法では、地盤調査の結果によっては、基礎工事の段階で、土をすべて覆い隠すように、コンクリートを流し込むことになっています。一般に「べた基礎」と言われる基礎のやり方です。阪神大震災以降に、増えてきました。

それ以前は、「布基礎(ぬのきそ)」といって、壁、柱、部屋の仕切りなどの下のみコンクリートを打ってあり、それ以外は地面が見えている状態でした。

 

今も、地盤や家によっては布基礎でも構わないのです。それでもなお、後から土間の部分に「防湿コンクリート」を流し込んで「蓋をする」という処理をすることが増えています。

とにかく、土から湿気を上げないということに
とてもこだわるのです。

僕のような昔気質の大工の感覚ではこのような土全体をコンクリートで塞ぐということには、ちょっと抵抗があります。せっかく風通しのいい家をと

土壁で呼吸する壁を造って、その逆に呼吸できない床にしてしまうのが何とも違和感があるからです。

そこで、ながら・加藤建築で建てるときには、せめて少しでもと考えて、下の左の写真のように基礎の一部にに小さな穴をあけます。

【ながら加藤建築】呼吸する床

工事中の雨水を排水するための穴は施工後にすべて塞いでしまいますが、これとはまた別のものです。

 

森の中にいるような透明感のある住まいへ

僕の大工としての感覚では、床も呼吸しているのが普通なんです。

やはり床が呼吸して初めて空気が循環するはずなんです。

上の写真の大きさの穴であれば湿度には影響しません。何より建築士さんのチェックがありますので、そのときにOKをいただいています。

こうやって、少しでも残すために大工の建てる家には僕らの職人感覚を活かした小さな技が隠されています。何より、ながら加藤建築は「呼吸する家」こそ、そこに住まう家族の幸せの基本になる「健康」を守れると考えています。

呼吸する壁。呼吸する床。生きている材木。

【ながら加藤建築】呼吸する床

住まわれている方から「ながら・加藤建築」で建てた家は

「森のなかにいるような透明感がある」

と言ってもらえるのは、風通しが良くて家全体が呼吸しているからなんですね。

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

匠が物申す

クリックすると該当項目が上位表示されます

匠が物申す!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

現代の住宅事情が抱える実はという問題や
これから起こるかもしれない様々な局面を

日本の風土や気候に合った「日本家屋の棟梁」 だから話せるそんなお話をまとめたシリーズ 「匠が物申す!」
日本家屋の基礎にある「棟と梁」「大黒柱」「土壁」

ようやく見直され始めた「日本のものづくり」
「大工仕事」の観点から分かり易く解説していきます。