建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

大黒柱のお値段は?

木の家ことQ&A vol.1
  • 大黒柱
  • 木の話
  • 棟梁の話

種類は欅(けやき)・檜(ひのき)が主流、200年~300年ぐらいのものが一般的でそれ以上の年数の木は御神木(ごしんぼく)と呼ばれ、伐採しない(してはいけない)対象になるため出回ることはなくなります。年数などが特定しにくいこともあり「大黒柱の価格の曖昧さ」があるのも事実です。

詳しくは「匠が物申す︕~大黒柱の話︕大特集~」でご覧いただくと大黒柱のことがよくわかると思いますよ。

【ながら加藤建築】大工への質問

木の家ことQ&A

クリックすると該当項目が上位表示されます

木の家のことなら
大工の棟梁に聞け!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

知らない間にいろいろなことが決まってしまう「家づくり」。
知らないことはいいこともありますが、本当のとこを
知りたいのは世の常。

お答えできることはなんでもズバッと
包み隠さずお答えします。

聞くだけならもちろんお金はいただきません。
質問はメールでも受付けます。こちらからどうぞ。