建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

無垢材と土壁で「健康住宅のススメ」

日本家屋の真髄 vol.4
  • 土壁の話
  • 家と健康
  • 木の話

ハウスダスト・アトピーなどアレルギーでお困りの方に

家族全員が元気で健康に長く暮らしたい
春夏秋冬いつも快適に過ごしたい

これこそ、デザインや収納などの前にある「家づくりの本当の大前提」です。
ながら・加藤建築では無垢材や土壁を使うことで、「アレルギー」の原因となるハウスダストやホルムアルデヒドなど、敏感な方の悩みを軽減できる「健康住宅」をお勧めしています。

●ながら・加藤建築が使う「無垢材」

ほとんど国産の無垢木材。日本の風土で育った材木は、家の寿命を延ばします。

 


 

 

日本家屋【土壁】

●ながら・加藤建築が勧める「土壁」

>「保湿性」「調湿性」が抜群
カビの原因、また夏のじっとりした暑さの原因となる湿度に対し「吸放湿性」にすぐれています。結露も発生しにくく、室内は年中サラリと気持ちいい空気です。

>蓄熱性が高く、冬暖かい
熱を蓄える性質を持つ土壁は、一度暖まると冷めにくく、輻射熱を出します。室内が2℃程度暖かく感じられます。

>遮音性、防火性も効果大
土壁内部には空洞がなく厚さがあり、一定の重さがあるので防音効果があります。また、土塗り壁は建築基準法で、防火構造であることが認められています。

 


 

国産の無垢木材・土壁をつかうことでホルムアルデヒド、ダニ・カビなどによるハウスダストなどのシックハウス症候群の心配が少ない「空気の快適と癒しを保ち続ける家族みんなが幸せに暮らす家」を提供することがながら・加藤建築が目指す家づくりです。

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

日本家屋の真髄

クリックすると該当項目が上位表示されます

日本家屋の真髄!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

「日本家屋・木造住宅」を通じ、
家づくりに大切なハード面

「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」

家づくりに大切なソフト面

「赤ちゃんを基本とした家づくり」
シックハウス症候群、ハウスダストなどの「アレルギー対策」

などに対応した100年住める家をご提案。
一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。