建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

匠

棟梁(とうりょう)とは

日本家屋の真髄 vol.2
  • 棟梁の話

日本家屋【棟梁】

大工の「棟梁~とうりょう~」とは…

日本家屋が多く、住宅メーカーも一般的でなかった頃のお話…
左官は土にまつわる仕事を、右官と呼ばれる大工は、木にまつわる仕事を中心に現場内のすべての仕事をまわしていました。右官の頭(かしら)が、現場に行けば昔も今も耳にする「棟梁(とうりょう)」

この棟梁の語源をご存知でしょうか?

家に最も重要な「棟(むね)」と「梁(はり)」
建築現場で「棟梁」は重要な役割なのです。

そんな信頼できる本当の大工は間取図や立面図だけではわからない、生きた現場を数多く修行し経験しています。現場では些細な箇所に必ずでてくる「納まり」。

あなたがこれから未来を託す住宅メーカーの営業マンはその「納まり」を解決できますか?あなたの「現場で生まれた小さな望み」を現場監督は柔軟に対応できますか?
この小さな「納まりや望み」を瞬時に判断、希望に応える、もちろん配慮もかかさない。
汲み取るチカラと積み重ねた経験のできるワザ・・・

これこそ現場力。

「ながら・加藤建築」に勘のいい大工の棟梁がいます。

 


 

日本家屋【日本の森】

家の主治医だから出来る事

増改築~新築はもちろん解体も。棚の取付から小さなオーダーメイド備付家具まで。「木」のことなら何でもおまかせ下さい! 木材はいつも呼吸をしています。きっと家自体が一本の樹木のように呼吸を続けているのです。

「大工にとって家を建てることは、とてもうれしいことです。手掛けた家の中で家族が生活し時代が変わっていく。年月を経て、また必要な時にお声がかかること…そんな小さなことがうれしいことなんじゃないかと思うんです 。」

アフターフォローは一生涯。住まいの診断士「棟梁」がいます。

 

 

 

大黒柱と土壁のある日本家屋がわかる本

大工の棟梁が心意気で配る、思いの詰まった小冊子!

日本家屋の真髄

クリックすると該当項目が上位表示されます

日本家屋の真髄!

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

「日本家屋・木造住宅」を通じ、
家づくりに大切なハード面

「大黒柱」「無垢の木材・建材」「土壁」

家づくりに大切なソフト面

「赤ちゃんを基本とした家づくり」
シックハウス症候群、ハウスダストなどの「アレルギー対策」

などに対応した100年住める家をご提案。
一生に一度の買い物だからこそしっかり理解した上で、「家を買う」のでは「家を建てる」という考えの元、すばらしい買い物をしてもらいたいと思うのです。