建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

声

先輩レポートインタビュー その2

愛知県豊橋市 岩澤さんファミリー
愛知県豊橋市 岩澤さんファミリー
岩澤賢三さん・麻記子さん・長女(2才5ヶ月)・次女(11ヶ月)
会社員として日々、家族のために働く賢三さん、家庭を守りながら2人の娘さんの子育てをする麻記子さん。二人の時間を使って将来のマイホームの話を楽しそうに語ってくれました。今回も完成まで密着しちゃいます。

【長楽・加藤建築】日本家屋新築事例

「日本家屋…、カントリー調が理想だったのに…」

 

「住宅メーカーとは全然違う長楽・加藤建築の仕事の進め方って?」

実際に現場で打合せして決めていく「家づくり」・・・ 間取り図や立面図だけではわからないことってたくさんあるのです。メーカーさんではありえない現場で確認して進めていく「加藤建築」ならではの現場主義。価値観を変えるような進め方が徐々に楽しみに・・・どんどん意見を取り入れて出来上がっていく「新築中」の様子を施主さまと棟梁、現場で働く施主様のお兄さんの様子も合わせてお伝えしていきます。 お楽しみに!

第1話「きっかけ」(全6話)

兄に家を建ててもらいたい…
ずっと感じていた思い

2歳になる長女と妹のことを考え家を建てることは考えていました、それでも小学校に上がる前までに・・・ぐらいに思っていたので急いではいませんでした。現在、実親と同居中、このまま同居も…、一度アパートに住んでから…、それでも余分な出費になるし…と、家づくりを視野にいれつつも、様々な想いを感じながら過ごしていました。

 

 

気持ちが動くとともに動き出したマイホームづくり

【ながら・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビューなんとなくメーカーさんの家を見に行ったり、土地探しを始めたり…その土地を親身に探してくれたのが、兄がお世話になっている加藤建築さんでした。土地を探している際も、土地の周りの様子や地盤から考えられることなど、見て分かることを僕たちに説明してくれ、素人ではわからない点を教えてくれました。

 

兄から話はいろいろ聞いていて、思っていたイメージは正直、「高いなあ」でした。でも、土地の相談をはじめ

「木のこと」「日本家屋のこと」を分かりやすく教えてくれ、
値段だけではないと改めて思い、そして信頼感が生まれました。

その信頼感が、前々から思っていた「いつか兄に家を建ててもらいたい」っという気持ちがさらに高まり、加藤建築さんで家づくりをお願いしようと決意しました。そんな時、偶然にも今住んでいる場所に近い土地が見つかったんです。

 

 

価値観が変わり、見えてきた本当の家づくり

【ながら・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビューこうしたいろいろなタイミングや縁が重なり、家づくりがスタートしました。以前はカントリー調の家が理想だったですが、今は加藤さんの話を聞いて「使いやすくて、丈夫な無駄のない家」に変わりました。

以前に見に行ったメーカーさんは、いわゆるパックされたプラン~上棟前までに間取りはもちろんクロスや細部に至る~部分まで図面上でどんどん決めていきます、一見スマートな感じもしましたが、加藤さんの場合はその逆。現場で建てながら提案してくれ、本当に一緒に家づくりをしている実感が湧き、それが安心になり、どんどん信頼につながっていきました。

メーカーさんの進め方だと途中の作業や細かな仕上がりが不透明なままで、心配や不安の方が大きくなるのでは?

と考えが変わってしまうほどの印象を持ちました。

 

長楽・加藤建築さんだから味わえる現場の楽しさ

【ながら・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー実際の現場では、直接説明を聞いたり、変更希望を伝えてそれを踏まえて提案してもらう、例えば窓の高さや大きさなどのことで「周囲の家から考えてこうした方がいいよ。」とアドバイスがあれば、現場ならばイメージがつきやすく、その場でシュミレーションできる楽しさがあります。直接目で見て確認でき、納得ができます。兄の師匠である加藤さんは、技術はもちろん、経験やアイデアに加え、本当に「木が好き」だから木の性質を活かした家づくりを知ることができるのだと感じています。

【ながら・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー
【ながら・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー

 

 

先輩にご質問!
いくつかのハウスメーカーさんでご説明を受けたと思いますが、ながら・加藤建築さんと家づくりを始められて、気付いた大きな違いは感じましたか?

すごく感じています。建てながら現場で打ち合わせることや建てながら窓や建具、クロスが決められるなどイメージがしやすくその場その場で悩めることは本当に違うと感じます。

 

 

voice of the interviewer


この宿題でどうするこうすると夫婦の会話も自然に生まれ、本当に家族皆さんと大工さん、二人三脚で「家づくり」をしていると実感、本当に愉しんでいるようでした。

 

 

先輩レポートインタビュー

クリックすると該当項目が上位表示されます

先輩レポートインタビュー

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

施主様にご協力いただいて「先輩レポートインタビュー」を掲載しております。 リアルな施工主様のお声を参考にしていただけたらと思います。

住まう人の思いをできるだけくみ取りながら
一緒に建てていく。これが「建売り」にはない魅力、
そしてこれが「ながら加藤建築」のモットーです。

工事中のちょっとした施主様の意見が取り入れられるのも「手刻み」の強み。今後もこんな家づくりを大切にしていきます。