建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

技

第6回全建連建築技能競技会

大会出場/匠の技動画像集 vol.5

第6回全建連建築技能競技会平成24年3月10.11日愛知県碧南市にある、ものづくりセンターにて、第6回全建連建築技能競技大会が開催されました。

わたくし、ながら・加藤建築・棟梁「加藤泰久」は平成24年度 第6回全建連建築技能競技大会に、愛知県の代表選手の中の一人として、大会に出場する事が出来ました。

 

第6回全建連建築技能競技会
愛知県知事も来て頂けました。

努力のかいがあって、銅賞を頂く事が出来ました事、これも皆様からの、ご協力とご声援のお力が幸いした事の、 結果だと信じております。御尽力して下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

 


 

 

最後の、組み立ての様子です。
制限時間まで後、5分を切った位まで、組み立てにかかり、内心はドキドキでしたが、無事に提出が出来ホッとしました 。
初めて、全国大会に、出場する事が出来ました事に、本当に感謝しております。
それにもまして、賞を頂く事も出来ました事、皆様の、応援して頂いたおかげだと思っています。この大会に、出場出来ました事が、凄く自信につながり、仕事の幅も少し大きくなったような気がします。
これからも、技術に磨きをかけて、皆さまの家造りに、お役に立てるようにになるように日々勉強してまいりたいと思っています。

ながら・加藤建築・棟梁「加藤泰久」

大会出場/匠の技動画像集

クリックすると該当項目が上位表示されます

【匠の技】全国大会出場

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

愛知県代表として3回全国大会に出場させていただきました。
後進の指導を可能な限り、新人を受け入れております。

日本家屋のすばらしさを伝えていく。
棟梁として技術を伝えていく。

そんなことも、役割じゃないかと思っています。
これからもそんな思いを忘れずに精進していきたいと思います。