建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

技

リフォーム事例 サニタリー

【浴室リフォーム.2】古民家|40年前のお風呂からユニットバスへ

40年前のお風呂からユニットバスへのリフォーム

【長楽・加藤建築】浴室リフォーム【リフォーム前】
40年前のお風呂をユニットバスに変更する工事。

【長楽・加藤建築】浴室リフォーム【リフォーム後】
1坪のユニットバス(半身浴)へのリフォームです。
ドアが内側に開くことで出入りが不便でしたが、ユニットバスに変更することでドアの開閉のストレスが軽減され、洗い場を広く使うことができるようになりました。また、浴室乾燥機の設置などを含め、乾燥して清潔な浴室を実現しています。また手摺のある浴室にしたことで入浴時の転倒への不安も解消されています。半身浴もできるタイプのユニットバスでバスタイムも快適に過ごせます。

 

リフォーム実例集

収納

内装全般

リフォーム実績のご紹介

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

住めば都といいますが、年齢や家族構成は変わっていきます。
リフォームは老朽化だけでなく生活の変化によって
必ず必要になることです。

そうです、家も車と同じでメンテナンスなしで
住み続けることはできないのです。

他の工務店さんやメーカーで建てられたお家でも大丈夫。
大工ですから屋内の工事は些細なことからお伺いしています。
お伺いのついでで構いません、家の心配事をお聞かせください。
アドバイスさせていただきます。