建物は基礎と骨組み

家は買うものではなく、建てるもの

家を建てる施主さんと家を建てる棟梁が顔と力を合わせて建てるのが本当の家づくりです

技

平成29年11月 完成見学会(豊橋市下地)開催

見学会/取材

豊橋市にて完成見学会を開催しました。
平成29年11月11日(土)・12日(日)

東三河の大工技術の最高峰! 職人の仕事を見ていただきました。 

豊橋市下地で上記2日間の日程で「日本の家 見学会」を開催させていただきました。
今回も、日本家屋の技術を余すところまで施したこれぞ「日本の家」という平屋建ての家をご覧いただき、東三河の大工技術の今を見ていただきました。

多数のご来場ありがとうございました、次回も見学会開催の際には、お知らせいたします。

ながら・加藤建築 棟梁/加藤 泰久

 

【ながら・加藤建築】「日本の家」完成見学会

【ながら・加藤建築】「日本の家」完成見学会

 


 

【ながら・加藤建築】土壁

■土壁によるより高い保湿性
■自然素材の仕上材
■土に還る自然素材の断熱材

材料に土・砂・竹・藁(わら)などすべて自然の素材を使った昔ながらの呼吸する壁。室内の湿気を調節してくれ、夏は涼しく、冬は一度温まると室温を一定に保つ特性があります。健康な環境づくりには最適です。 

土壁の詳細はこちらでご覧ください。

 

東西南北に窓のある自然素材でできた家を
ご体感いただきました。

実際のお宅はこちらの新築事例でご確認ください。

見学会/取材

日本家屋・木造住宅の大工「棟梁」として

施主様にご協力いただいて「構造見学会」や「完成見学会」を
積極的に開催しております。

これも日本家屋のすばらしさを伝えるための
大切な仕事だと感じています。

遠方の方もお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただけるように開催の少し前にホームページでお知らせしています。
次回開催の際はぜひお越しください。